MENU

AGAにはプロペシア

 

AGAの診断がついた場合、治療のファーストチョイスは何といっても、原因治療になるフィナステリドの内服です。

 

AGAであるにもかかわらず、シャンプーやサプリだけを使っていると、ほとんど効果は期待できないでしょう。

 

では、フィナステリドはどのようにして入手するのがいいのでしょうか?

 

多少高くついてもいいのなら、信用のできる病院でMSD社のプロペシアを処方してもらうのが、一番おすすめです。

 

もう少し安く入手したければ、皮膚科でファイザー製薬のフィナステリドを処方してもらうのもいいと思います。

 

ファイザーのフィナステリドは、プロペシアのジェネリック医薬品で、日本で製造販売を承認されているものです。

 

効果的にはほとんど差はないものと思われます。

 

もっと安価で入手したいと思われる方には、個人輸入という方法があります。

 

インド製のフィンペシアやプロペシアでも、非常に安く購入できる場合があります。

 

しかし安全性という面では、この方法はあまりおすすめできません。

 

粗悪なニセモノが混じっている場合があるからです。

 

プロペシア(フィナステリド)の副作用

 

いちばん高頻度に見られる副作用は、性欲の減退で、服用者の1〜5%未満にみられます。

 

勃起機能不全、射精障害、精液料減少が1%未満の服用者にみられます。

 

上記のように、男性機能に関する副作用が頻度的には多いようですね。

 

重篤な副作用としては、肝機能障害が報告されています。(頻度不明)

 

また頻度は不明ですが、掻痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫、睾丸痛、男性不妊症、精液の質低下、抑うつ症状、めまいなども報告されています。

 

妊娠している可能性のある女性や授乳中の女性は、絶対に服用してはいけません。

 

まあ通常は女性が飲んでも、効果はないものなんですが・・・

 

以上のように、頻度は少なくても重症になる副作用の出る可能性もありますので、病院で医師の処方してもらい定期的に経過を見てもらうことを強くおすすめします。